断熱リフォームはウレタンの現場発泡が良い

断熱リフォームはウレタンの現場発泡が良い
断熱リフォームはウレタンの現場発泡が良い

断熱リフォームはウレタンの現場発泡が良い

冬寒くて夏暑い住宅の断熱リフォームをするなら、ウレタンフォームの現場発泡をする方法が一番良いと思います。壁に関しては、内壁を剥がす必要があるので大がかりな工事になってしまいますが、外壁の張り替え工事の際に断熱材を充填する方法でとりあえず処理することでかなり断熱性能は向上します。そして、床と天井もしくは屋根の断熱に関しては、ウレタンフォームの現場発泡を施工するのが短時間で断熱性能を上げる方法なのです。新築住宅の場合は床も壁も天井もしくは屋根も全てウレタンフォームで断熱することで気密性も向上するため、冬は暖かく、夏は涼しい室内環境を得ることができます。

リフォーム工事の場合、様々な制約があるためなかなか思い通りに施工することが難しい場合があります。しかし、ウレタンフォームの現場発泡なら床下に潜ってスプレーをする容量で床材の下に吹き付けるだけなので、簡単にしかも短時間に施工をすることができるのです。また、小屋裏に入って天井裏や屋根の下地材に吹き付けるだけでウレタンフォームの断熱施工ができるので、床と天井だけなら1日で施工が終了してしまう場合があるのです。壁の施工にもう一工夫する余地があれば完璧な断熱リフォーム工事ができるので、今後はその辺の開発に期待したですね。

Copyright (C)2015断熱リフォームはウレタンの現場発泡が良い.All rights reserved.